シュウのひとり言。

Answer×Answerと麻雀とその他ゲームを愛するシュウのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

最近は…

かなり放置していたこちらのブログですが、理由は日記の全てをmixiに書いているので、こちらで書く特別なテーマが無い限りは書くことが出来ずでした。
まことに申し訳ありません。

あと、これからもおそらくmixiが中心です。
なので、mixiに入っている方でAnAnやっているよ、って方はCNとプレイしている場所、所属リーグなどを書いて申請いただければ基本的にマイミクOKにしていますのでそちらで。
ただし、文が短すぎると「誰だ?」みたいになってしまいますので出来ればある程度文を書いていただけると幸いです。


それとおそらく今後も放置になるであろうこちらのブログでコメントを入れた方への返信をまとめて。

先ほども申しましたとおり日記はmixi中心です。
理由は以前はIPアドレスチェックなど、敵意のある書き込みに対してチェックをかけていたのですが、それも面倒なので、mixiで管理しております。
足跡消しという変な機能がついたおかげで踏み逃げする人もいるみたいなのでなんともいえないところですが、ある程度はプロフィールなり、その人のマイミクなりで人物像が絞り込めるので、それを加味した上でmixiがメインです。

続いて最近はプレイ数を若干ですが増やしています。
と言っても昔ほどには遠く及ばないですが。
どうしても自分の性格上、調子の波が荒いので弱いときはすごく弱い、当たるときは面白いほど当たる、って事が多いのでその辺はAnAn1ほどの強さ、というものは無いと思います。
というか、レジェンドの称号を持っていますがまったく強くないです。

あとビジュアルに関してですが、AnAn2になってからのビジュアルは自分は苦手でして、誤答は減点システムなので思い切って攻めることができないんですよね。
なので、私より強い、という方はかなり多いと思います。
特にAnAn1のビジュアル使いで積極的に攻めることが出来るタイプの方は総じて強いですね。
もちろん、2になってからビジュアルが強くなった人もたくさんいます。
なので、この人が強い!、という具体例を出しにくいかな、って感じですかね。
写真が強い、モザイクが強い、ズームが強い、といろいろなタイプの方がいますので。

というわけで、かなりアバウトな返答になってしまいましたが申し訳ない。

では、次の更新がいつになるかはわかりませんが、mixi内では毎日書いてますので、できる方はそちらで。

スポンサーサイト

PageTop

最近のシュウさん

最近のAnAnは21時くらいから初めて、途中で休憩がてら別のゲームを少しやって、1時~2時くらいまで、という感じでやっておりました。

ゴールデンは色々な人とやれて面白いし、深夜は深夜でいつもと同じ面子、みたいな感じで面白い。
深夜だとサブカ使っている人は誰のサブカか大体傾向と店舗でわかりますしね。

特に深夜は北海道組、岩手組、東京組、愛知組、山口組、福岡組と分かれている感じでしょうか。
中でも回数で一番多くあたるのは愛知組ですね。
次に福岡組。
この間、福岡のとある人とあたって、ビジュアルの強さが1時間前と1時間後でえらい変化が出たので何かあるんだろうな、と思ったらなるほどね、っていうからくりを聞きました。
まぁ、この事情を知っていると知っていないとでは戦い方を変えなければならないので今日はどうなのかな、なんて推測してしまったりしていますが。w

まぁ、それくらい今は問題難易度と自分の知識とのバランスといいますか、知ってためになることがとても多いのでやっていて充実感がありますね。
ここら辺がQMAとの違いでして、QMAはどうしてもカルトなので知ったところで何になる?みたいな感じがするのですよ。
これこそがどこぞやで「負け犬」といわれている由縁かもしれませんが。w

あ、この「負け犬」って話は何でも私ともう一人につけられているそうで、そのゲームで頂点に立てなかったから別のゲームに移った、ということをそのゲームからの逃げ、と評して「負け犬」と言うのだそうです。
でも、だとしたらバージョン1で王者までやっているか?w

とりあえず、来月はジャンルランカー確定のようなので、ゴールデンに多めに出陣したいと思います。
時間が空いていればの話ですが…



ところで、コメントを残された方にぜひ新クイズの攻略をして欲しい、とありましたが、実はここではかけない事情がございまして…
というのもゲームジャパン11月号に新形式攻略記事を書いてしまったので、ぜひそちらを参考にしていただければ、と思います。
それでも実は足らない部分がありますので、その点の補足に関してはこちらのブログに発売から3週間を目処に書き足したいと思います。
というわけでもうしわけありません…

その他コメントレスが大幅に遅れてしまって申し訳ありません…
微妙に返しにくいのもあってちょっと困っているのもありまして…

こんなブログですがこれからもよろしくお願いいたします。

PageTop

今だから話してみよう

さて、最近AnAnのペースが明らかに落ちているシュウです、こんばんは。

今回はお題にあるとおり今まで話せなかったことを話してみよう、というものです。

まずは最近何かと話題の「遅答」について。
基本、選択肢が予想外になって時間ギリギリから押し始める、ってのは自分ではよくあることでして、これを「遅答」だ、といわれたらそうなんじゃない、としか言いようがありません。

でも、あからさまにやるときもあります。
それは相手がバーリトゥード(つまり何でもあり)で来た場合。
特に1の時は自分で「遅答」仕掛けておいて最後に「遅答」仕掛けられて負けて文句を言う人が多かったですからね~。
まぁ、当時王者でしたから王者ボーナスもありますしやる人が多いのは目に見えてわかることですし、それやったらこうやられるよ、ってのをわかってないで逆切れする人が多いのも仕方ないのかもしれません。

なので、AnAn2でも同じスタンスです。
やられたらやりかえす。
つい先日のタワーであからさまな「遅答」を1問目から食らったのでやり返しましたけどね。
相手に精神攻撃をかける人ほど、精神攻撃をかけられることに弱い、というデータが自分の中にあります(もちろん図太い人もいますが少数)ので、そういうことをされるともろいんですよね。

ただ、自分から仕掛けることはありません。
精神攻撃で勝てる世界であれば全員が使っていてもおかしくないわけですから。



まぁ、これは話のおつまみ程度に。

今回の裏話はAnAn1の時のテレビ出演のお話。
ある程度はここのブログの過去ログを見ていただければわかると思いますが、そこんところどうなのよ?!って話を今回は書いてみようかと。
明らかに時効ですしね。

まず1回目の収録のお話。
その前にディレクターさんとの打ち合わせで本当にいろんなところまで聞かれたのですが、結果AnAnだけのお話に、ってことでクイズ刺客4人と対戦したわけでございまして。

で、そのときに収録順が異なっていた、というのを過去ログで書いていたと思います。
本編では、

東大クイズ研→早稲田大グラビアアイドル→ウルトラクイズチャンプ北川さん→クイズ作家にしてクイズ王道蔦さん

でしたが、本来は、

北川さん→道蔦さん→東大クイズ研→早稲田大グラビアアイドル

という順序なのは説明済みかと。

で、ここでディレクターさんからあることを吹き込まれます。
それは「クイズ王の人たちはプライドがあるからある程度加減してね」というもの。
それでいて北川さんはAnAn初プレイ、道蔦さんは現役SSプロ。
となると加減、っていったってどこまでやればよいのやら、って感じだったのですよ。
しかも、テレビ的にボタンを使うクイズじゃないと面白くない、ってことで、早押し、連想、ビジュアルの3つでやりましょう、と。
このとき、SEGAさんは電源を落として再起動をかければ連想、ビジュアル、早押しの順番で出てくるように設定していたのですが、それをやらないでひたすらその形式が出てくるまでリセットの繰り返し。
そうなれば強制4位ペナルティが発動するのでクイズ力が減っていることで順番が違うのがばれてしまう。
なので、得点部分を隠していた、ってのがあったのですけど。

で、やっと出た!、って時には30分くらいかかってたのかな?
で、いくらクイズ歴が長いといっても初プレイの人には相当なハンデのあるAnAnですから、実はかなり考えたフリをしたりとかをして問題数調整をしていたのです。
おそらくこれがカットの原因。
そりゃそうだ、やってる人から見たらあからさまな行為に見えますからね。

そして道蔦さんとのやりとり。
道蔦さんの希望でビジュアルよりも他のを、ってことでチキンレースになったのです。
なので、ここだけチキン、早押し、連想ってなっています。
で、そのチキンですが、本来の自分なら自然科学を使っています。
なぜならAnAnマニアックスにも書いてあったと思いますが形式によってジャンルを固定していましたからね。
でも、あえて漫画アニメゲームにしてみようか、って変えたのです。
そう、クイズ王にはわからないだろう、という読みのもと。
で、その問題ですが、ジョジョの奇妙な冒険の問題とニンテンドーDSの問題があったのですが、問題難易度から行って相手は一つ押しするのがわかってしまった、できればこのラウンドを落として早押しと連想を取りきって勝つのが一番面白いパターンではないか、と判断し2個押しで勝つくらいなら、狙ったような数値を入れて間違えるのが理想と判断、結果、わかる人からすればありえないだろう数値で止めていたのであります。

で、そのまま早押しは無茶押しを入れながら(ペナルティのせいでリーグが落ちたため問題難易度も落ちていた)、連想はギリギリ、というか完全に負け試合でしたけどお互いに空気を読んだ、という展開で対戦が終了。

そのあとの東大クイズ研戦では番組のテーマが「ありえへん」なら容赦ないことをやってやろう、ってことで脅威のスピード押しを決め、次は(グラビアアイドルと)そこまでやらなくていいよ~と忠告が入ったりして終了。

早稲田大グラビアアイドルとはディレクターの要望が「いちゃついている雰囲気を」だったので、どんだけお前は手を抜いているんだ、っていうくらいの抜きっぷり。
本当は同点にして最終問題、ってしたかったのですが、いかんせんジャンルがスポーツ、女の子には厳しいよね、ってことで終了させました。

おそらくこの手の抜きっぷりがカットの大部分を占めています。

てなわけで、ディレクターの要望がかなり多かった1回目の収録だったのです。


んで、2回目。
こちらはなんとAnAn2稼働日前日の収録、ということで、自身AnAn2に触れるのは初めてだったりしました。
(このことが後の事件(というかネタ)を引き起こすのですが)

このときの条件は全員が10級Cリーグということで押したもん勝ちの問題ばかりだったのです。
で、撮影スタートから私の登場まで約3時間。
このとき道蔦さんはずっと熱い照明に照らされて体力が奪われている状態。
自分は自分で一発目だからどうしていいかまったくわからない状態。
ちなみにその撮影中一番頑張っていたのは南海キャンディーズの山ちゃん。
間違いなく本編で盛り上がっていたのはここだと思うくらい。
結局カットされてしまったのですが…
で、最後の戦いがスタート。
自分は手探りなのでとりあえず押してみようか、のレベル。
なのでかなり間違えまくったのですけどね。
(Cリーグは分岐が基本少ないので読みすぎると返って間違える)

で、ビジュアル。
手探りなので「何をしているところでしょう?」が来たらコンマ押しをしよう、と決めていました。
正解にはたどり着きませんでしたが、しょうぎかな、と近いところまで行ったのですけどね。

で、最後の連想。
最後の問題で自分が間違えた瞬間、ある意味開放されたかな~と思ったのですが、道蔦さんも疲れがピークで浮かばなかったらしくなんと引き分け。

その後、本編では早押しで決着、となっていますが、ちゃんと早押しとビジュアルを消化しています。
ちなみにこのビジュアルでもコンマ押しをしているのですが。
いずれにせよ、もうタワーで見るダイブと同じレベル。
トランプrの4つのマーク/
で押して文字数アシストが出て正解、とか
新世紀エヴァンゲリオン/
でアシスト四択で正解とかむちゃくちゃ。

難しい問題での勝負を見たかった、って人にはかなり物足りなかったでしょうねぇ…

その後、一緒の楽屋だった田畑藤本の藤本さんはQさまなどでの出演もあってご活躍されているようで、富山さんはライブの情報をいつもメールでいただくのですが、いかんせん場所と時間合わずでなかなか投票が出来なくて申し訳ないのですが、頑張っていらっしゃるようですし、道蔦さんはクイズ作成の仕事がさらに増加しているそうで(最近ではクイズ時の扉の問題も作成している)お忙しそうで、AnAnをやって息抜き、なんて暇はないのかな~、なんて思いながら日々をすごしております。

自分も色々な時間帯で働いているのでさすがにAnAnにさける時間が少なくなったのはもどかしいところではありますが、深夜帯になら時間がちょこっとありましてAnAnに顔を出すようにしております。
今月スポーツのGPでやらかしてしまったので、来月はもう少しオンラインに顔を出すようにしないとね。

PageTop

当分は下降線

まぁ、最近になってプレイ回数を増やしてきているわけですが、まず勝てません。
原因はなんとなく掴めてはいますが、対処方法がいまいち見当たらず。

でも、AnAn1の最初の時期だと思って今は初心に帰って、色々な人とやりたいなと思います。
そこにはいろいろな駆け引きがあったりして面白い対戦もあったりしますしね。

とりあえず、昨日のテーマはぶっこみを多めに、でしたがほとんど失敗でした。w
特に今の決勝戦は攻めすぎてもいけないし、かといって慎重になりすぎてもいけない。
加減が本当に難しいなぁ、と思う次第でございまして。
今の決勝は早押し勝率が5割きりそうですからね。
どこまで弱いんだ、と思ってしまいますが、弱いんだから仕方がない。

日々、精進あるのみ、ですね。

PageTop

現在の自分を知るために

昨日は久しぶりに18時ごろからAnAnスタート。
珍しいです、ホントに。

で、まず最初に感じたのは明らかなやりこみの少なさ。
自分はもともと知識の少ないほうですから、それをやりこみでカバーしてきた自分がありました。
それがAnAn2になってそこそこはやっていますがどうしてもゴールデンのガチンコでぶつかる場での戦いをやっていない差がもろに現れていました。
やはりデータ問はしっかりと覚える必要性があるし、決まり文字はきっちり取りましょう、っていう感覚になっていない。
というか、どれが決まり文字なのかわからないのでランカーさんにいっぱいぶつかり稽古をしてやっていった感じですが、さすがに1日では効能は発揮されません。
長くそして沢山やりこむことが必要でしょうね。

あとはもうちょっと積極的に攻めよう、としないとダメですね。
簡単な問題に対しての反応が明らかに鈍い。
かといって、前に出すぎると分岐や方向性違いで足元をすくわれる。
勝負勘、ってのももしかしたら鈍っているのかなぁ…

それと最後に決勝の戦い方が中途半端すぎ。
行くときは行く、行かないときは行かない、ときっちり決めてかからないと、変な文字に反応して誤答して負けるパターンが多いですね。

いずれにせよ、まだまだ未熟者なのは間違いありません。
今日は用事ありですが、明日は集中した時間取れるかな?
もしとれたら頑張りたいですね。
少なくともSS1リーグのリーグマスターが安定するラインまでは頑張りたいなと。
今の目標はそこですね。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。